admin≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


4話 弟襲来 

注意!
オリジナルカードが出ます、それでもいい方は
どうぞ!

双「奪い損ねた3枚をもらうぜっ」
龍「誰が貴様なんかにっ!」
双「なら、デュエルで勝負だっ!」
龍「望むところだっ!」
龍・双「デュエル!」
龍4000
双4000
龍「先行はいただくぜ、ドロー、俺はジュッテ・ナイトを召還」
ジュッテナイト攻撃力700守備力900チューナー
こなた「なに?あのカード」
龍「カードを2枚伏せてターンエンド」
双「僕のターン、ドロー、僕はスピードウォーリアーを召還、効果発動!」
スピードウォーリアー攻撃力900→1800
龍「そう来ると思ったぜっ、ジュテナイト効果発動!」
スピードウォーリアー裏守備表示
双「くっ、ターンエンド」
龍「俺のターン、ドローリバーストラップオープン、『聖なる輝き』これでお前のモンスターの効果を防いだぜ!」
龍「俺はジュテナイトを生贄にして、サイバネティックワイバーンを召還、さらに装備カードメテオストライク」
バトル!
双4000→1900
双「それだけ?」
龍「ターンエンド」
双「ドロー、機械工場発動!スピードウォリアーを特殊召還!さらにジャンクシンクロンを召還!
  いくぜ、レベル3スピードウォリアーレベル2ジャンクシンクロンをチューニング」
双「いでよっ!ジャンクウォーリアー」
攻撃力2300
実況「なんだ!このモンスターは?」
双「いくぞ!装備魔法稲妻の剣発動!」
2300→2900
バトル!
龍「くっ」4000→3600
ターンエンド
龍「貴様、俺のカードをよくも!」
双「知らないなっ」
龍「ドロー、マジックカード強者の苦痛」
双「奪い損ねたカードかっ」
強者の苦痛
相手モンスターはレベル×100ポイントダウン
2900→2400
龍「さらに、融合を発動!」
竜騎士ガイヤ
2600
バトル!
双騎1900→1700
龍騎「どうだ!」
双「僕のターン!」
双「ニ枚カードを伏せ、大逆転クイズを発動!
僕はモンスターカードを選択、正解!ライフを交換!」
龍1700
双3600
双「さらに、破壊したツボ隠しを発動、三枚カードを引く!融合解除を発動!
暗黒騎士ガイヤ
カオスオブドラゴン
双「さらに、手札の魔道ギガサイバーを召還、ターンエンド」
龍「俺のターン、ドロー」
双「そろそろ、闇のゲームをしようか!」
そう言った直後、龍騎の身体が凍ってきたのだ!
龍「貴様」
双「大丈夫、周りには迷惑をかけないよ、君の力で溶かせばいいじゃん、ねえ『豪火、獄炎の使い手』
さん」
龍「うるさいっ、ガイア攻撃だっ」
双2900
しかし
双「墓地に存在する、永遠の守りの効果発動、このターンモンスターは破壊されない!」
龍「くっ、カオス攻撃だっ」
双2500
双「僕のターン、クレボンスを召還!さらにギガサイバーとチューニング、『闇夜に渦巻く獄炎の業火』いでよシンクロ召還レッド・デーモンズ・ドラゴン、デーモンズこうげきだっ!
龍1500
強者の苦痛がなければ危なかった。
双「ターンエンド」
龍(くっ、身体が冷たい、くそっ負けられるかっ!)
龍「俺のターン、ドロー、強欲なツボ発動!二枚ドロー、俺はハネワタを召還!
ハネワタ チューナーモンスターレベル1
さらに、小さい大泥棒(リトルシーフ)発動!」
双「奪い損ねたカードかっ」
小さい大泥棒
このカードは相手融合デッキからカードを一枚ゲットできる、しかしこの効果を発動して召還したカードは攻撃が出来ずに、そのターンのエンドフェイズ時に破壊される!

龍「俺は、スターダストドラゴンを選択!、さらに、レベル7暗黒騎士ガイヤとレベル1ハネワタをチューニング、『集いし思いが、新たに輝く星となる!』導けシンクロ召還!
スターダストドラゴン!」
2500
双「ふん、そんなカードがなんの役に立つ?お前の負けだ!」
龍「違う、俺は勝ったんだ!」
実況「なんとここで、勝利宣言」
龍「俺はスターダストドラゴンの効果を発動!このカードを破壊して、破壊する効果を無効にする!」
双「バッカじゃないの、盾をわざわざ捨てるのかよ!」
龍「俺は、生還の方札を発動!お互いは手札を全て除外、そしてカードを2枚ドロー、
ターンエンド」
双「何が勝ったんだ、僕の勝ちに揺るぎはないよ!デーモンズ攻撃だ!デーモンズブレス!僕の完全勝利だハハハハハハ」
龍「どうかなっ?」
双「なんだと、負け犬の遠吠えか?」
龍「フィールドをよく見るんだな!」
この時、フィールドにはスターダストドラゴンがいたのである!
双「そんなバカな」
龍「スターダストの効果だ、このカードが「~のカードを破壊する」効果のカードを無効にして破壊にする、しかし、そのターンのエンドフェイズ時にこのカードをフィールドに特殊召還する!」
実況「なんと、スターダストドラゴンの効果によって復活したドラゴンが龍騎を守ったのだ~」
龍「いくぞ、スターダストの反撃」
双2200
双「そんなバカな」
龍「これが、俺の力だ!、俺のターンドロー、スターダストの攻撃!スターダストシュート」
双「そんな、バカなぁぁぁぁぁ」双0
双「くっ」
双騎は闇の扉に入ろうとした、しかし
龍「悪いがデッキは、返してもらうぞ!」
そう、龍騎の剣がデッキケースを切ったのである、パラパラと落ちる龍騎のカード
双「くっ、デッキは返してやる、しかし、レッドデーモンズとチューナーたちはいただくぜ!、あばよ!」
龍騎「・・・・・・・お帰り」
しかし、龍騎はデッキをケースにしまうとその場に倒れてしまったのである。
み「龍騎さん」
か「おいっ」
つ「龍騎君」
龍「悪い疲れた、ちょっと寝る」
こ「おやすみ、龍騎」
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

月影 龍騎

Author:月影 龍騎
始めまして!
こんなブログに来てくれてありがとうございます!

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。