admin≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


番外4話の途中 

ミルキーウェイ「デュエルアカデミヤ!?」
校長「そうです、貴方達に留学生として迎え入れたいのですが」
シップス「俺(僕)達は行く予定だぜ!(だよ)」
ミルキーウェイ「イッキマ~ス」
校長「では、ヘリコプターに乗ってきてください。」
の「おい、まさかデュエルアカデミヤだぞ」
こ「私達こんな名門校に入っていいのかな?」
き「いいに決まってるじゃん」
宙「おいっ、学期末デュエルやってるぞ!」
の「本当か!」
星「やってるよ」
男子A「嘘を引っぺがしてやる!」
龍騎「やれるモンならやってみな!」
宙「スゲェ自身だな、こう言う奴に限ってすぐ負ける」
龍騎「ネフティスの鳳凰神を召還!」
の「うわっ、一ターン目から」
9分後
龍騎「ネフティスで止め!」
男子A「負けたー」
き「凄いなこの人(汗)」
こ(結構かっこいいかも)
宙「おい、コイツやばくないか?」
星「弟っぽいけど」
双・龍「デュエル!」
星「始まったね。」
15分後
一同「!?」
宙「闇のゲーム!?」
星「しかも、身体が凍っていく」
双騎「業火・獄炎の使い手さん」
一同「!?」
操縦員「まもなく到着です」
校長「よく来ていただきました、ようこそ、デュエルアカデミヤへ」
  以下省略
校長「見学していいですよ!」
一同「体育館ってどこですか?」
校長「すぐ見える、あのドームですよ。」
一同「ありがとうございます!」
以下省略
一同「着いた」
龍騎「ちがう、俺は勝ったんだ!」
宙「アイツバカか、モンスター、伏せカードも無いのに。」
双騎「デーモンズブレス!」
星「危ないっ!」
龍騎「スターダストシュート」
実況「勝者は月影龍騎だ~」
龍騎「・・・・おかえり」
救急隊「タンカ持ってきて!」
救急隊員「yes sir」
保健室
の「ここに運ばれたんだよな?」
こ「たぶん」
き「あっ、いた」
その指先にはさっき倒れた青年が寝ていた。
の「いってみようぜ」
2人「うん」
3人は青年の前に行った
の(ちっ、近くで見ると意外とカッコイイな)
こ(カメラだったから、見えなかったけどカッコイイ)
み「龍騎さん大丈夫でしょうか?」
か「身体は大丈夫だって言ってたわよ。」
つ「だからお見舞いに来たんだよ!」
こな「ふふ~ん、龍騎の寝顔が見れるチャンスは無いからね」
み「あの~、どちら様ですか?」
き「私はきらり」
の「アタシがのえる」
こ「私がこべにです」
つ「もしかして、mily way」
き「はいっ、留学生として来ることになりました!」
龍騎「うるさい、少し静かにしてもらえないか?・・・ん、お前ら誰だ」
女子「起きた!」
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

月影 龍騎

Author:月影 龍騎
始めまして!
こんなブログに来てくれてありがとうございます!

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。