admin≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夏休み開始! 

俺はこの学校に転校して、もう一学期になる。
とても、楽しい学園生活を送っている。
期末テストが終わって、もうすぐで夏休み。
しかし、そんな気持ちを震度3弱で襲う事件がおきた。

こ「龍騎~」
龍「なんだ?」
こ「車ある?」
龍「はっ?」
こ「だから、車ある?」
龍「何人乗りだ?」
こ「12人くらい」
龍「多分、ある」
こ「なら、貸して!」
龍「ハイッ?」
こ「お願い」
龍「何故?」
こ「いや~、みんなで海に行こうと思って」
龍「分かった」
こ「ホント!?ありがと~」
龍「まったく、本家に電話しなきゃな」
そして、終業式
校長「では、よい夏休みを」
教室
黒「ほな、ええ夏休みをな~」
一同「ハ~イ」
放課後
龍「おい、こなた」
こ「ん?何?」
龍「OKだとさ」
こ「じゃあ、7月27日ね」
龍「はやっ」
こ「あっ」
龍「どうした?」
こ「えっと、弟君達も呼んでね~」
龍「いいのか?」
こ「いいよ~」
龍「まあいいか」
こ「ついでに、一泊二日だから」
龍「分かった」
龍騎家
紅「海?行くに決まってんじゃん」
双「僕も」
龍「分かった、メール送っておく」
♪~♪~♪午前二時 踏み切りに
ピッ
龍「もしもし」
か「もしもし?龍騎?海の事知ってる?」
龍「こなたから、誘われたぞ?」
か「そっ、そう」
龍「どうした?」
か「なんでもない、私達も行くから、覚えといて!」
龍「みゆきもか?」
か「うん、じゃあね」
龍「じゃあな」
ピッ
紅「兄ちゃん」
龍「なんだ?」
双「明日に車来るって」
龍「分かった、さてと、飯にするか」
紅「やった~」
双「当番はコウでしょ?」
龍「特別に作ってやる、なにがいい?」
紅「大盛そば」
双「うどん」
龍「麺類かよ」
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

月影 龍騎

Author:月影 龍騎
始めまして!
こんなブログに来てくれてありがとうございます!

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。