admin≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


学園祭 

緑・龍・修「お帰りなさいませ、お嬢様」
女子「キターーーーー」
女子「カッコイイ!」
龍「席はあちらにございます」
修「ごゆっくりどうぞ」
緑「・・・キツイ」
龍「それを言うな、俺達もキツイ」
修「次のお嬢様、どうぞ?」
こなた達サイド
こ「うわっ、凄いね」
み「列が長いですね」
つ「多分、ほとんどは修吾君たちだね」
龍「ちゃんと、働け」
こ「働いてるじゃん」
修「リュ~ウ、お嬢様達が待ってるよ?」
緑「腹減った、何かメシある?」
こ「焼きそばなら」
緑「くれっ!」
か「うわ~、凄い事になってるわね~」
みさ「柊~なんか凄いな」
空「よう!リュウ」
龍「どうした?クゥ?」
轟「嫌、別に」
純「暇だったから」
龍「そうか」
轟「うわっ、高良のメイド結構いいな・・・でも泉の方が」
緑「はいっ、ヘンタイ発言禁止!」
修「ヘンタイ・・・くっ」
轟「うわっ、酷~」
6人「ハハハハハハハハハハハ(笑」
こ「とっとと、仕事しろ!」
龍「はいはい、じゃあな!」
轟「あばよ!」
空「またな!」
純「そうゆうことで~」
緑「お嬢様、ご注文をどうぞ?」
みさ「すげ~じゃん?」
か「アンタ・・・凄いわよ?」
緑「煩い!」
みゆ「あの~、龍騎さん?」
龍「なんだ?」
みゆ「あのっ、仕事が終わったら、体育館裏に来てください!それでは」
龍「えっ?ちょっと!みゆき!行っちまった」
修「行ってくれば?」
緑「やっておいてやるぞ?」
龍「サンキュ!じゃあ、行ってくる」
緑「ガンバレよ~」
体育館裏
龍「ここら辺だよな?・・・居たっ、みゆき~」
み「速かったですね?」
龍「ミド達が引き受けてくれた、で、何?」
み「実は・・・その・・・・きでした」
龍「ん?なんて言った?」
み「私・・・龍騎さんの事がすっ・・好きです!」
龍(ん?あれっ?今幻聴が聞こえたような気がする?気のせいか?でも、今ハッキリ好きって言ったよな?)
龍「えっ?マジで?」
み「本当です///(赤面)」
龍「俺も・・そのっ、好き・・・だぞ?」
み「本当ですか?」
龍「ああっ」
み「ありがとうございます」
龍「いやいや、謝らなくていいから。・・・何時から?」
み「えっ?」
龍「何時から・・好きだった?」
み「初めて会った時から・・ずっとです」
龍「えっ?」
み「そろそろ仕事なので・・・失礼します!///(赤面)」
龍「・・・・どうしよう?告られた?」
龍(今まで何回も告白されてきたけど、なんだ?この込み上げて来る気持ちは?)
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

月影 龍騎

Author:月影 龍騎
始めまして!
こんなブログに来てくれてありがとうございます!

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。