admin≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


突っ走る男達 

「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」
「くるなぁぁぁぁぁぁぁ」
「「「ジュルリ」」」
「くそっ、行き止まりか」
この話は普通の毎日にマグニチュード6で襲う事件の被害者3人を描いた話である
事の始まりはマスターハンドと言う謎の手袋から招待されてきた
任天堂オールスターズ。
その中に3人の人?達の事件の話である。
「相変わらず、これだけは変わりませんね」
「そうだな、何時もやってて楽しいのか?」
「さあ?」
「・・・・・そんな事聞くな」
「そうだぜ!」
上からリンク・ファイア・ピット・シルバー・ゴールド
屋根の上で毎日繰り広げられている悲惨な戦いを見守っている
普通の暇人達である。
「「暇人じゃねぇ!」」
あ~分かった分かった
さてと、そんな事はさておき
「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」
悲鳴が聞こえてきました。
被害者達ですね
その被害者は言うまでもなく
フォックス・ファルコ・ウルフである
「「「うるせぇ」」」
ごめんm(__)m
「「「顔文字使うな!」」」
あはっ(笑
「「「笑うな!」」」
どうでもいいけど・・・来たよ?
「「「えっ?」」」
「鶏肉!」
「狼肉!」
「そんでもって狐肉!」
ほらな?
「「「早く言え!」」」
ごめんごめんm(__)m
「「「肉!」」」
「「「ぎゃぁぁぁぁぁ」」」
「行き止まりだと!?」
「「「ジュルリ」」」
(もはや、ここまでか?)
「みなさ~んご飯ですよ~」
リンクの声である
「飯!?」
「いつも私達の栄養を考えているリンクの!?」
「手料理だ~」
「「「たっ助かった」」」
よかったね?
「ああっ」
また明日も大乱闘が終わったら
また、始まるけどね?
「「「えっ?」」」
(((キラン)))
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

月影 龍騎

Author:月影 龍騎
始めまして!
こんなブログに来てくれてありがとうございます!

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。