admin≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どうしたものか・・・ 

「あ~しんどい」
「しょうがないだろ?」
「でも、そろそろ終わるよ?」
ピーンポーンパーンポーン
『これにて、学園祭を終わりにします』
「「「やったぜ!」」」
俺は心から喜んだ
しかし、まだ解決していない事がある
みゆきの告白である
俺はみゆきの事が好きなのは確かだ
正直・・・かなり嬉しい
そんな時
「龍騎~着替えていいよ~・・・あっそうだ!みゆきさんが体育館裏に来てだって」
またか?
「分かった」
「どったの?もしかして!?告白!?」
「どうでしょう?」
「みゆきさんやるね~」
「じゃあな」
「いてら」
体育館裏
「お~い、みゆき~」
「・・・・・(赤面)」
「呼び出しておいて、それか?」
「あの~、返事は「YESだよ」
「えっ?」
「よく考えたら、お前の事好き・・だぞ・・・てか答えたのに先に帰ったじゃん!」
「すいません・・・恥ずかしくて(赤面)」
まあ、そりゃそうだろ、告白したんだから
誰だって恥ずかしいよな
「まあいいか、戻ろうぜ?」
「あのっ、龍騎さん?」
「なんだ?」
「そのっ、手を繋いでいいですか?」
「・・・勝手にしろ(赤面)」
その後にこなたの奴が言いふらしたせいで
2年生の間で有名になったらしい
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)

月影 龍騎

Author:月影 龍騎
始めまして!
こんなブログに来てくれてありがとうございます!

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。